元精穀で繕う贅沢

元精穀で繕う

素朴かつ贅沢

安心安全厳選素材

雑穀・海藻ブレンド

元精穀 かんせいこく

リニューアル新ブレンド!

元精穀で炊いた元精飯(かんせいはん)は、

「いただき繕」レストランの定番ご飯です。

味わい深い元精飯。

おかずが無くても満足してしまうので、食べる量が減ってくると評判です。

美深・福井農苑のもち米、スコットランド農苑で採取される海藻をはじめ、世界各地の厳選された有機認定品や、無農薬及び減農薬で作られた原料を集めています。

新ブレンドは大麦をこれまでの3倍にし、ご家庭でブレンドしていただく白米の量は少なめに調合されています。

大麦パワーでこれまで以上に美味しくなったプチプチもちもちの元精穀をお楽しみください。
元精穀・販売価格
100g ・・ 350円2合分お試しサイズ

700kg・・・1900円

※在庫が少なく、販売に限りがあります。
各レストランにご相談ください。

【元精飯原材料】

無農薬又は各地の有機認定品です。

潮麦(スコットランドNAROGA 大麦)、もち米(北海道)、黒米(石川県)、えんどう豆(アメリカ)、レンズ豆(アメリカ)、緑豆(オーストラリア)、きび(ウクライナ)[ 各地の有機認定、及び有機栽培品]、海藻(スコットランド、アイルランド、韓国)

<元精穀と白米で炊く元精飯のいただき方>

大麦増量新ブレンドの場合。

元精穀は、全体のバランスを考えて調合されています。

元精穀は、全体のバランスを考えて調合されています。推奨する白米との割合は、白米2合(300g)に対し、元精穀2/3合(100g)に、水の量は3合分を目安としてください。
※雑穀ご飯に慣れない方は、最初は元精穀を少なめに始めてみてください。心身が整うと共に、割合を増やしても美味しく頂けるようになるかと思います。
元精穀は、一晩又は6時間以上水に水に浸けた後に炊いてください。元精穀だけを水に漬けて冷蔵庫に保管しておくといざという時に便利で、長時間の浸水でより美味しく炊くことができます。水分量、浸す時間はお好みで加減してください。

元精穀と共にいただく白米(うるち米)は、玄米の使用は避け、白米~5分付きに精米したものを使用してください。

いただき繕の先人の智慧と

元精穀の優れた調和力

人間が頂くすべての食べ物(生命)には、人間の体はもちろんのこと、意識にも影響を及ぼす強い働きがあることをいただき繕の先人たちは、経験智でわかりました。
アジアの広い地域でお米が主食となったのは、他の穀物に比べてお米の人間の意識に対する働きが比較的に優しいことを経験的に知った人々の智慧(土着智)の顕れと言えます。

いただき繕の先人たちは、1つ1つの生命力に畏敬の念を持ちつつ、また深く吟味することによって、素材の間の相性の故に、一つの素材の働きが弱まる(全体的に調和を保つ)事実に注目しました。そして彼らは、特定の食べ物の影響が強く働くことを避けるために、複数の素材を調理の時に使うように工夫しました。

現代の食生活の変化、素材の生育環境にも配慮し、

厳選された素材(穀物)の集まりが元精穀です。

食べ物が我々の意識と深くかかわっている事実を考えると、個々の穀物に人為的な操作(改良)が行われることは、望ましいことではありません。元精穀の中に入っている個々の穀物は、比較的に人為的な操作が進んでいないもので、これまであまり表舞台に出てこなかった雑穀が多く含まれています。

また、海藻が持つ優れた浄化力と理想的な塩分の含有力を生かせるために元精穀には清浄海域から採取した海藻も含まれています。(スコットランド・アイルランド・韓国産)

毎日いただくお米は、

私たちの生命力の源です。

元精穀を毎日の食生活で生かせることは、様々な肉体的な病気やストレスに苦しんでいる現代人に最も必要な食生活の助けとなるでしょう。

雑穀と豆と海藻たち、10種それぞれの特性を活かしながらも見事に調和を成し、われわれの心身の活力の源となる元精穀の深く、かつ美味しい味を毎日の食卓でご堪能ください。