9月7日富山2号店オープン!~富山大学前店~いただき繕・潮麦カフェ

Posted on

P9098876-2

いただき繕・潮麦カフェ NEW OPEN!

お陰さまでいただき繕7号店。

9月7日、富山市五福に、富山で2店目となるお店がオープンしました。

場所は、富山大学前。
富山大学の正門前になります。

いただき繕の直営農苑であるスコットランドの自然海岸苑から届いた潮麦(潮風で育った大麦)をいろんなお料理で味わい、身近に親しんで頂けることを願い、【いただき繕・潮麦カフェ】として営業していきます。P9078648

商品の販売など、食の提案もさせていただきます。

 

本日はオープン3日目。

富大前で人通りが多いこともあり、工事中から店の完成を楽しみにしてくださっていた学生さんや教授さん、近くの会社員さん、オープン初日と知らずに飛びこんで下さった方々、早くも常連さんもちらほらと、有り難い事にいろんな方がいらっしゃってくださっています。

 

P9098867コンビニのお弁当だった方々にも・・・
心身に優しい食事、一日の元気をお届けできればと願っています。

メニューは、日替わりどんぶりをメインに、大麦麺やチャプチェなどの麺をセットにし、楽しんでいただけるよう工夫していきます。

 

 

 

 

富山2号店 潮麦カフェtoyama2-2

住所:富山市五福3222 (Gmap)

TEL/FAX:076(471)5004

富山駅より3km、市電(路面電車で15分)
富山大学前バス停のすぐ横、大学堂ビル1Fです。

駐車場は現在は1台です。
バスや市電が便利な場所ですので、ぜひ公共機関をご利用ください。

 Facebookページ https://www.facebook.com/itadakizentoyama.siomugi
本日のランチメニューやお知らせなど、リアルタイムに更新していきます。

 

いただき繕のお店作り

仲間と作った手作りの店内は、古材の再生を主としており、すべての命に物語があり、ココに集いカタチとなった道のりが【ぬくもり】としてみなさんに伝わることと思います。

◎福井のお屋敷(蔵)解体でいただいた木材(床板)をふんだんに、ベンチの背板としても。P9078656

◎東京中野の老舗アメカジブティックの閉店に伴い、縁が円を描きやってきた床材は、とある長野の古材を扱う工務店さんから。

◎いつかいつかと、店主の家に眠っていた大きな無垢材がテーブルとして陽の目を。

◎そして、大黒柱は、札幌店の大黒柱と同じ蔵の梁だった古材です。

◎ベンチ壁面は、福井産の浄化の土【心土しんど】を使ったやさしいサーモンピンクの土壁、連代コンストラクトさんの【どかべえ】の特注品

 

P9078671

◎最後にやってきた椅子は、古い足場板を利用して家具を作られている方の作品です。

誠心込めて磨かれた古材は、命を吹き返しのびのびと呼吸しているようです。

 

空間として【住】は、私たちの人間の身体そのもの。
心地よい風が通り抜け、スムーズに呼吸出来ることは、様々な命の協力があってこそ。

意識を作る【食】を提供する場として、これからもお客様のみなさんの誠心で成長し続けていきます。

 

そうそう!

ベンチは、潮麦ベンチになっています。
幅広のペンチは、横になっていただくこともできますよ♪
女神の穀物、大麦のぬくもりを実感しにいらしてくださいませ。

そして、カバーは、愛知県岡崎でガラ紡の伝統を守り伝える活動をしておられるファナビスさんの本気布(マジギレ)の柿渋仕上げの布地です。
時間と共に色濃く成長する本気布も味わってくださいね。

 

大工工事に関しては、北海道・札幌からログビルダーのけんさんに遠路はるばるお越しいただきました。

直接的に、間接的に、本当に、多くの方のご協力をいただいてオープンすることが出来ました。

またひとつ、いただき繕の【食】をお伝えできる場が増えたことを何よりのご恩返しとして、多くの方と出会って行きたいと思います。

この場をお借りしてみなさまに感謝申し上げます。
有難うございます。

いつか、お店に遊びに来てくださいませ。


 

2016年11月。
富山大学店は、株式会社貊村の100%純粋なオリーブオイル[れなり]とのコラボレーションとして、潮麦ご飯の焼きおにぎり【おりっぱ】専門店としてリニューアルオープンしております。

 
OPEN
11:30~15:00
土日定休
営業時間やメニューに関しては、変更することもございますので、お店にお問い合わせください。

Facebookページでも確認いただけます。
https://www.facebook.com/itadakizentoyama.siomugi/


いただき繕のご飯が大好きになっていただけますように。

みなさまのお越しをお待ちしております。

ありがとうございます。
いただき繕スタッフ一同